初戦突破を果たした西岡良仁
画像提供:tennis365.net

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は26日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク59位の西岡良仁が同151位のM・ギロン(アメリカ)を3-6, 6-4, 6-4, 6-4の逆転で下し、2015年以来4年ぶり2度目の初戦突破を果たした。

>>錦織vsクラン 1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

前哨戦のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)でベスト8へ進出する活躍を見せた西岡は、この日第1セットを落とすも、第2セットではリターンエースを決めるなどでセットカウント1−1に追いつく。さらに第3セットも取り、勝利へ王手をかける。

第4セットは第1ゲームで西岡がブレークする好スタートを切る。第8ゲームではブレークバックを許したが、第9・第10ゲームを連取して2時間30分を超える熱戦を制した。

2回戦では、世界ランク61位のF・ロペス(スペイン)と対戦する。ロペスは1回戦で第26シードのT・フリッツ(アメリカ)に逆転で勝利している。

同日の1回戦では2連覇を狙う第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第5シードのD・メドヴェデフ(ロシア)、第7シードの錦織圭らが2回戦へ進出した。

「全米オープンテニス」
大坂なおみが大会連覇を、錦織圭が日本人男子初のグランドスラム優勝を目指して戦う!
晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継でお届け!

【放送予定】
8月26日(月)〜9月9日(月)連日独占生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>