世界ランク1位のジョコビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの9月16日付ATP世界ランキングが発表され、N・ジョコビッチ(セルビア)は前回と変わらず1位となった。世界ランク1位の在位期間が269週目となり、歴代では268週のJ・コナーズ(アメリカ)を抜いて4位となった。

>>大坂vsトモワ 1ポイント速報<<

>>大坂ら東レ対戦表<<

ジョコビッチは2018年の11月5日から王者の座をキープしており、270週のI・レンドル(アメリカ)へ迫った。レンドルの上は286週のP・サンプラス(アメリカ)、さらに310週で歴代1位のR・フェデラー(スイス)。

<世界ランク1位の歴代在位記録>

1位:R・フェデラー 310週

2位:P・サンプラス 286週

3位:I・レンドル 270週

4位:N・ジョコビッチ 269週

5位:J・コナーズ 268週


9月16日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…N・ジョコビッチ
9,865ポイント(9,865ポイント)

■2位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
9,225ポイント(9,225ポイント)

■3位[ - ]…R・フェデラー
7,130ポイント(7,130ポイント)

■4位[ - ]…D・メドヴェデフ(ロシア)
5,235ポイント(5,235ポイント)

■5位[ - ]…D・ティーム(オーストリア)
4,575ポイント(4,575ポイント)

■6位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ)
4,095ポイント(4,095ポイント)

■7位[ - ]…S・チチパス(ギリシャ)
3,420ポイント(3,420ポイント)

■8位[ - ]…錦織圭
3,375ポイント(3,375ポイント)

■9位[ - ]…K・ハチャノフ(ロシア)
2,810ポイント(2,810ポイント)

■10位[ - ]…R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,575ポイント(2,575ポイント)

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>