全米オープンの内山靖崇
画像提供:tennis365.net

男子テニスの楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオン シップス 2019(日本/東京、ハード、ATP500)は1日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク136位の内山靖崇が第4シードのB・ペール(フランス)を6-2, 6-2のストレートで破り、2017年以来2年ぶり2度目の初戦突破を果たした。

>>ジョコら楽天OP対戦表<<

予選から勝ち上がってきた内山はこの日好調で、ファーストサービスが入った時に100パーセントの確率でポイントを獲得すると、今季ツアー2勝をあげているペールから2度のブレークに成功し、第1セットを先取。

第2セットに入っても得意のサービスを武器にペールを圧倒。試合を通して1度もブレークチャンスを与えず、勝利した。

2回戦では、世界ランク45位のR・アルボット(モルドバ)と同49位のF・クライノビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

今シーズン、内山はブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)でツアー初のベスト8進出、さらにウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では四大大会のシングルスで初の本戦入りを果たす活躍を見せている。

「楽天ジャパンオープンテニス」
国内で行なわれる唯一の男子テニスATPツアー。改修後、初となる有明テニスの森公園での熱戦の模様を放送する。

【放送予定】
9月30日(月)〜10月6日(日)連日生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>