サーシャ・バイン氏
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスで世界ランク39位のK・ムラデノビッチ(フランス)は20日にツイッターを更新し、コーチであるサーシャ・バイン氏と今季で関係を解消すると発表した。

バイン氏は今年4月からムラデノビッチのコーチに就任。当時66位だったムラデノビッチのシングルスランキングは現在39位にまで浮上している。

ムラデノビッチはツイッターにフランス語と英語で同じ内容のメッセージを投稿した。

「来季は私とともにツアーを回らない、というサーシャの決断にとても失望している。私は仕事を楽しんでいたし、大きな勝利もいくつかあげることもできた。そして再びランクも上がってきていた」

「私はもっと大きなたくさんの成功を一緒に成し遂げられると思っていたが、彼の意見と決断を変えることはできなかった。私としては今年の進歩に誇りを持って、ハードワークを続けて強くなり、今よりも良い状態で2020年を戦っていきたい」

バイン氏は今年2月まで世界ランク3位の大坂なおみのコーチとして活躍。大坂は昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でタイトルを獲得した。

また、大坂は今年3月に就任したジャーメン・ジェンキンス氏とのコーチ関係を9月に解消。現在は父親のレオナルド・フランソワ氏がコーチとして支えている。

「錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」

【大会期間】
10/28(月)〜11/23(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>