楽天ジャパンオープンの西岡
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのスイス・インドア・バーゼル(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)は20日、シングルス予選決勝が行われ、第4シードの西岡良仁は第5シードのH・デリエン(ボリビア)に5-7, 2-6のストレートで敗れ、本戦入りとはならなかった。

西岡はこの日、第1セットを接戦の末に落とすと、第2セットではファーストサービスのポイント獲得率を38パーセントとする。デリエンに6度のブレークを許し、1時間18分で力尽きた。

西岡は公式ツイッターで「バーゼル予選敗退。体力的にきつく、ストロークでポイントがほとんど取れませんでした。ラッキールーザーも2番目ですが、今の所可能性は低いそうです。まだ次の大会の予定がわからないですが、パリの予選も入れなさそうですので、チャレンジャーに出て行くと思います。最後に点稼げるよう頑張ります」と綴った。

一方勝利したデリエンは本戦1回戦で、世界ランク28位のA・デ ミノー(オーストラリア)と顔を合わせる。

「錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」

【大会期間】
10/28(月)〜11/23(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>