世界ランク11位へ後退した錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの10月28日付ATP世界ランキングが発表され、錦織圭は前回から3つ下げて11位へ後退した。錦織が世界ランキングでトップ10から陥落するのは、2018年の10月以来1年ぶり。

錦織は右ひじの負傷により今シーズン終了を発表している。

また、エルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)でベスト4へ進出したM・ベレッティーニ(イタリア)は前回から2つ上げて9位へ浮上し、初のトップ10入りを果たした。

10月28日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
9,545ポイント(9,545ポイント)

■2位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
9,225ポイント(9,225ポイント)

■3位[ - ]…R・フェデラー(スイス)
6,950ポイント(6,950ポイント)

■4位[ - ]…D・メドヴェデフ(ロシア)
5,920ポイント(5,920ポイント)

■5位[ - ]…D・ティーム(オーストリア)
5,495ポイント(5,085ポイント)

■6位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ)
4,335ポイント(4,425ポイント)

■7位[ - ]…S・チチパス(ギリシャ)
3,830ポイント(3,740ポイント)

■8位[ ↑1 ]…K・ハチャノフ(ロシア)
2,830ポイント(2,785ポイント)

■9位[ ↑2 ]…M・ベレッティーニ
2,705ポイント(2,545ポイント)

■10位[ - ]…R・バウティスタ=アグ(スペイン)
2,575ポイント(2,575ポイント)

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)〜25日(月)連日生中継
■詳細・配信スケジュールはこちら>