世界ランク37位のウォズニアッキ
画像提供:ゲッティイメージズ

2020年1月6日に開幕する女子テニスのASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、インターナショナル )大会公式サイトは26日、世界ランク37位のC・ウォズニアッキ(デンマーク)が出場することを発表した。

29歳で元世界ランク1位のウォズニアッキは今季、タイトル獲得こそ無いものの4月のボルボ・カー・オープン(アメリカ/チャールストン、クレー、プレミア)で準優勝を果たすと、自身にとってシーズン最終戦となった10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、プレミア・マンダトリー)では4強入りをしていた。

トーナメントディレクターのカール・バッジ氏は公式サイトで「今までのこの大会で最高のメンバーが揃ったと言っても過言ではない。信じられないほどのラインナップで臨めるはずだ」とコメントを残した。

前回のASBクラシックでは第1シードとして出場したウォズニアッキだが、2回戦でB・アンドレースク(カナダ)にストレートで敗れている。

同大会には世界ランク5位のB・アンドレースク、同10位のS・ウィリアムズ(アメリカ)、、15歳のC・ガウフ(アメリカ)、前回覇者のJ・ゲルゲス(ドイツ)、18歳のA・アニシモワ(アメリカ)らが出場予定。