上海マスターズのマレー
画像提供:ゲッティイメージズ

2020年1月に開催される全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は29日にツイッターで、元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)が欠場することを発表した。

【YouTube】全日本選手権優勝 テニス本玉のラケットバッグ公開 【島津製作所 テニスチーム SHIMADZU Breakers】にインタビュー

>>YouTube テニス365チャンネル<<

ツイッターにはマレーのコメントで「トップレベルでプレーできるような状態にするためにとても頑張ったけれど、残念ながら1月にオーストラリアにいくことができない」と綴られた。

「今年の全豪オープンの後、またテニスをプレーできるかどうかわからなかった。オーストラリアに戻って全力でプレーできることを楽しみにしていたから、なおさら残念」

マレーは今年の全豪オープンで引退を示唆するコメントをしていたが、6月に行われたフィーバー・ツリー・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)のダブルスで復帰、優勝していた。

また、来年1月3日から12日にかけて初開催されるATPカップ(オーストラリア/パース、ブリスベン、シドニー)のツイッターでも、マレーの欠場を発表している。