(左から)ミエスとクラヴィッツ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのATPカップ(オーストラリア/パース、ブリスベン、シドニー)は5日、ドイツとギリシャのグループF第2戦が行われ、ドイツが2勝1敗で勝利した。

>>大坂らブリスベン国際 対戦表<<

ATPカップはシングルス2試合とダブルス1試合で争われる新大会。4カ国ずつ6グループに分かれ予選が行われ、各組上位1チームと2位チームから成績上位2カ国の計8カ国が9日からの決勝トーナメントに進むことができる。

この日、シングルスの第1試合で世界ランク35位のJ・シュトルフ(ドイツ)が同486位のM・パヴォララキス(ギリシャ)をストレートで下したものの、シングルスの第2試合では同7位のA・ズベレフ(ドイツ)が同6位のS・チチパス(ギリシャ)に敗れ1勝1敗に。

最終試合となったダブルスでは1セットずつ奪い合い10ポイント先取のスーパータイブレークに突入。タイブレークでは、K・クラヴィッツ(ドイツ)/ A・ミエス(ドイツ)組が6本のマッチポイントを防ぐ粘りを見せ3-6, 6-3, [17-15]の逆転で勝利した。

ダブルスで勝利したミエスは男子テニス協会ATPの公式サイトで「僕たちが一生懸命戦った結果が出せて本当に誇らしい気持ちだ。チームみんなが後ろで支えてくれていた。最後に勝つことができてとてもうれしい」とコメントを残している。

ドイツはグループリーグ第3戦でカナダと、ギリシャはオーストラリアと対戦する。

5日行われたドイツとギリシャの試合結果は以下の通り。

シングルス第1試合:J・シュトルフ 6-4, 6-1 M・パヴォララキス
シングルス第2試合:A・ズベレフ 1-6, 4-6 S・チチパス
ダブルス:K・クラヴィッツ/ A・ミエス 3-6, 6-3, [17-15] S・チチパス/ M・パヴォララキス

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。2019年全豪を制覇し、日本人で初めて世界ランキング1位になった大坂なおみなど、今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)〜2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・配信スケジュールはこちら>