予選決勝進出を果たした守屋
画像提供:tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は17日、男子予選2回戦が行われ、世界ランク212位の守屋宏紀が第23シードのS ・ディエス(カナダ)を6-4, 7-5のストレートで下し、予選決勝進出を果たした。

>>大坂vsブズコバ 1ポイント速報<<

>>全豪OP男子対戦表<<

この日1時間37分で勝利した守屋は本戦出場をかけた予選決勝で、第1シードのD・ノヴァーク(オーストリア)と世界ランク169位のF・オランスキー(スロバキア)の勝者と対戦する。

本戦で日本勢は世界ランク71位の西岡良仁、同89位の杉田祐一、同93位の内山靖崇、同144位の伊藤竜馬が出場している。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。2019年全豪を制覇し、日本人で初めて世界ランキング1位になった大坂なおみなど、今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)〜2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・配信スケジュールはこちら>