Forbes JAPAN 3月号表紙
画像提供:オン・ジャパン

スイスのパフォーマンスブランド「On(オン)」(本社・スイス・チューリッヒ / 共同創業者: デイビッド・アレマン、オリヴィエ・ベルンハルド、キャスパー・コペッティ)、および、オン・ジャパン株式会社(本社・神奈川県横浜市中区 / 日本法人代表: 駒田博紀)(共に以下On)は、2019年11月にシニアチームメ ンバーに加入した、テニス界の皇帝R・フェデラー(スイス)がForbes JAPAN 3月号 (1月24日発売) の表紙に起用された。

>>西岡vsジョコビッチ 1ポイント速報<<

>>フェデラーら全豪OP対戦表<<

Forbes JAPANの表紙に現役プロスポーツ選手が単独で起用されるのは2014年6月の創刊以来初となり、表紙の他、誌内6ページにわたり、Onシニアチームメンバー加入記者発表会の模様や、Onとの出会い・ブランド加入のきっかけなど単独インタビューが掲載されている。

■ロジャー・フェデラー On シニアチームメンバー加入について
2019年11月よりOnのシニアチームメンバーに加入。投資家として、アドバイザーとして、Onのオペレーションに密接に関わる。また、世界で最も成功したアスリートとしての知見を活かし、Onの製品開発、スポーツマーケティング、チームカルチャーの醸成などをサポートする。Onから給与は受け取らず、ブランドの成長に伴い、貢献度に応じた報酬が還元される。既に2020年発売予定のニューモデルの開発に取り組んでいる。

■Onについて
Onは、スイス・チューリッヒ、アメリカ・ポートランド、日本・横浜、中国・上海、ブラジル・サンパウ ロ、そしてオーストラリア・メルボルンに拠点を置く若いスポーツカンパニー。

そのミッションはシンプルで、ランニングを楽しくすること。この考えは、スポーツサイエンティスト、ワールドクラスのアスリート、そしてデザイナーたちによって形作られ、広められてきた。

Onの革新的なランニングシューズは、ISPO プロダクト・オブ・ザ・イヤー 2017/18をはじめとした数々の名誉ある賞を受賞しており、ワールドチャンピオンやエリートアスリートたちはOnで勝利を挙げ続けている。

On独自のシステムは世界特許を取得。ブランド立ち上げからわずか10年で、Onのランニングシューズは、ヨーロッパ・北アメリカ・南アメリカ・アジア太平洋の50カ国、6,000店舗以上で販売されている。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。2019年全豪を制覇し、日本人で初めて世界ランキング1位になった大坂なおみなど、今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)〜2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・配信スケジュールはこちら>