国枝慎吾
画像提供:tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は30日、第1シードの国枝慎吾とA・ヒュウェット(イギリス)の車いすの男子シングルス準決勝が5-3の時点で酷暑により中断している。

>>フェデラーvsジョコビッチ 1ポイント速報<<

>>ハレプvsムグルサ 1ポイント速報 1ポイント速報<<

この日、現地の天気予報では最高気温39度まで到達する酷暑が予想されていた。

大会側は「Australian Open Heat Stress Scale(AO HSS)」に基づき、暑さの段階を数値で表し、AO HSSが5,0以上に達すると試合が一時中断する。

車いすテニスの場合、AO HSSが4,6以上になると中断。この日は数値を上回ったため、大会側が国枝らの試合を一時中断とした。

現在AO HSSは5,0以上に達してはいないため、女子シングルス準決勝、ミックスダブルス準々決勝が行われている。

また、同日の車いす女子シングルス準決勝では、第2シードの上地結衣がK・モンジェーヌ(南アフリカ)を6-3, 7-5のストレートで下し、決勝進出を果たした。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)〜2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>