元世界ランク3位のデル=ポトロ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク128位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)は18日、自身のインスタグラムを更新し、リハビリ中の右膝や新型コロナウイルスの影響について語った。

<YouTube>【伊藤 竜馬】ラケットバッグの中を全て公開してくれました

>>YouTube テニス365チャンネル<<

2009年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初優勝を飾った元世界ランク3位のデル=ポトロは昨年2月のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)で右膝の負傷から復帰。しかし、同年6月に行われたフィーバー・ツリー・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、 ATP500)で足を滑らせた際に右膝蓋骨を骨折し、同月に手術を行うと、以降はリハビリのためにツアーを離脱していた。

1月27日にマイアミで2度目の右膝の手術を受け、再びリハビリを開始したデル=ポトロはその後、約2カ月間マイアミに滞在。現在は新型コロナウイルスに対するガイドラインに従い、アルゼンチンにあるタンディルの自宅に戻って隔離措置を行っていると明かした。

「僕は今、隔離措置の真っ最中だ。僕ら全員が互いを見守り、気遣うことが非常に重要。自己の予防においても専門家などの正しい情報に従い責任を持って行動しよう。今は困難な時期だが、その状況でも活動を続ける医師と医療関係者に大きな感謝を送りたい」

テニスは現在、男女ともに6月7日まで全ての大会が中止する措置が取られている。

WOWOWでは、年間を通してテニスを放送・配信!その他情報番組やドキュメンタリー番組も。
テニスを見るならWOWOW。

■詳細・放送スケジュールはこちら>