アンディ・マレー
画像提供:ゲッティイメージズ

女子プロテニス協会のWTAは2日に公式サイトで、男子世界ランク129位のA・マレー(イギリス)と女子元世界ランク1位のB・ジーン・キング(アメリカ)の対談を掲載した。

<YouTube>強烈サーブ攻略なるか!?【テニス 内山 靖崇】と対決、プロの凄まじさを体験

>>YouTube テニス365チャンネル<<

四大大会12度の優勝を誇り、WTAの開拓者となったキングは「あなた(マレー)のような選手になるためには精神、感情そして身体が共に強くなればならない。世界の最高の選手はどの世代においても精神的にとても強い人たちと思う」と語った。

「振り返る時間を持つことはとても大切。新しい目標は何なのか思いつかなければならない。今までとは違ったものになるだろうけど、順応していかなければならない」

マレーはコーチだった元女子世界ランク1位のA・モレスモ(フランス)について「彼女(モーレスモ)はグランドスラムのチャンピオンで素晴らしい選手。コーチとしてもとてつもなく質が高い」と述べた。

「母親とそのことについて話した。彼女はキングの女子選手たちにもっと注目が集まるための活動に刺激され、僕も興味が出てくるようになった」

マレーは昨年11月に行われた国別対抗戦デビスカップ・ファイナルズ(スペイン/マドリッド、ハード)以降公式戦に出場していないが、4月30日に行われたムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー)のオンラインビデオゲーム大会では優勝を飾った。

[PR]「やっぱりテニスが見たい!記憶に残る名場面 大公開SP」

テニスの恋しい今日この頃、数々の名勝負を生んできたグランドスラムの激闘の中からWOWOW解説陣、現役選手らが選んだ名場面を特集してお届け。錦織、大坂の“あの”名場面も!

【放送日】
5/2(土)午後5:30 ※無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>