フェデラーとナダル
画像提供:tennis365.net

男子プロテニス協会ATPは14日に公式サイトで、2019年をトップ10で終えた選手たちによる昨シーズンのセカンドサービス平均速度とポイント獲得率の関係を掲載した。

【ダニエル 太郎】後編 ラケットバッグの中を公開、苦悩の2019年を明かす

>>YouTube テニス365チャンネル<<

公式サイトは「テニスでは力強いショットが求められる。特にサービスでは遅いサービスよりも速い方が重宝されやすい。この考えは私たちが思っているほど真実ではないのかもしれない」と記載した。

2019年のセカンドサービスによるポイント獲得率の順位と平均速度は以下の通り。
(ポイント獲得率/ 平均速度)

1:R・ナダル(スペイン) 59,64パーセント/ 96,4マイル(約155キロ)

2:R・フェデラー(スイス) 59,44パーセント/ 95,6マイル(約153キロ)

3:N・ジョコビッチ(セルビア) 57,02パーセント/ 96,1マイル(約154キロ)

4:R・バウティスタ=アグ(スペイン) 55,96パーセント/ 93,5マイル(約150キロ)

5:D・ティーム(オーストリア) 55,28パーセント/ 99,0マイル(約159キロ)

6:D・メドヴェデフ(ロシア) 54,57パーセント/ 95,8マイル(約154キロ)

7:M・ベレッティーニ(イタリア) 53,77パーセント/ 102,8マイル(約165キロ)

8:S・チチパス(ギリシャ) 52,92パーセント/ 97,0マイル(約156キロ)

9:G・モンフィス(フランス) 50,47 パーセント/ 99,9マイル(約160キロ)

10:A・ズベレフ(ドイツ) 44,31パーセント/ 100,6マイル(約161キロ)

ATPは以下の結論を出した。

1:速いサービスは、その分速く返球されるので準備する時間が無くなる

2:遅いサービスの5選手はディフェンスが得意

3:リターンする選手は遅いサービスへタイミングがずれることがある

4:遅いサービスの5選手はコースを織り交ぜ相手に考えさせる

5:遅いサービスの5選手はポイントを獲得するためスピン、コース、深さを重視している

[PR]「日本テニス史上最強の2人 錦織圭・大坂なおみ」
これまで放送してきたテニスのグランドスラム大会の名勝負を厳選しお届けする。男女シングルスの準決勝、決勝を中心に、錦織圭、大坂なおみはじめ日本人選手が奮闘するカードなど、今なお色あせない好試合ばかり。

【放送日】
5/3(日・祝)〜5/21(木)

■詳細・放送スケジュールはこちら>