ノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会ATPは15日に公式サイトで、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が今後の目標などについて語ったコメントを掲載した。

【ダニエル 太郎】後編 ラケットバッグの中を公開、苦悩の2019年を明かす

>>YouTube テニス365チャンネル<<

今シーズン、ジョコビッチは1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)などで優勝した。

四大大会17勝目をあげたジョコビッチは「このスポーツで、まだやるべきことがあると思っている。最多のグランドスラムタイトル獲得や世界ランク1位最長記録を達成できると信じている。それが僕の目標だ」と明かした。

「でも同時にそれらだけが僕のモチベーションではない。僕を動かしているのは、人としての成長に関することだ」

現在のグランドスラム最多優勝数は世界ランク4位のR・フェデラー(スイス)の20で、同2位のR・ナダル(スペイン)が19と続いている。

22日に33歳の誕生日を迎えるジョコビッチは「選手としての限界は考えていない。長い間プレーしたいと思っている。でも近いうちに出場する大会の数は減っていくだろう」と語った。

「長い時間に国を渡り、多くの大会に出ている現在のようなスタイルがこのままできるとは思わない。40歳まではプレーすると思うけど、大きな大会と思い入れがある大会のみに集中するようになるだろう」

[PR]「日本テニス史上最強の2人 錦織圭・大坂なおみ」
これまで放送してきたテニスのグランドスラム大会の名勝負を厳選しお届けする。男女シングルスの準決勝、決勝を中心に、錦織圭、大坂なおみはじめ日本人選手が奮闘するカードなど、今なお色あせない好試合ばかり。

【放送日】
5/3(日・祝)〜5/21(木)

■詳細・放送スケジュールはこちら>