ラファエル・ナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会ATPは20日に公式サイトで、左利き選手との対戦成績を分析し、世界ランク2位のR・ナダル(スペイン)が勝率87.4パーセントで歴代1位と掲載した。

【ダニエル 太郎】後編 ラケットバッグの中を公開、苦悩の2019年を明かす

>>YouTube テニス365チャンネル<<

ツアー85勝をあげているナダルは、キャリアで対左利き選手に対して104勝15敗の戦績。現在は14連勝しており、最後に敗れたのは2017年のロジャーズ・ カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)でのD・シャポバロフ(カナダ)。

掲載された左利き選手との対戦成績は以下の通り。

1:R・ナダル 87,4パーセント、104勝15敗

2:R・フェデラー(スイス) 77,7パーセント 129勝37敗

3:A・マレー(イギリス) 77,3パーセント 85勝25敗

4:N・ジョコビッチ(セルビア) 76,6パーセント 118勝36敗

5:JW・ツォンガ(フランス) 74,7パーセント 65勝22敗

また、ナダルの公式戦の勝率は現在83,2パーセントで、これも歴代最高の記録。続いてジョコビッチの83パーセント、B・ボルグ(スウェーデン)の82,7パーセント、フェデラーの82,1パーセント、J・コナーズ(アメリカ)の81,8パーセントとなっている。

[PR]「日本テニス史上最強の2人 錦織圭・大坂なおみ」
これまで放送してきたテニスのグランドスラム大会の名勝負を厳選しお届けする。男女シングルスの準決勝、決勝を中心に、錦織圭、大坂なおみはじめ日本人選手が奮闘するカードなど、今なお色あせない好試合ばかり。

【放送日】
5/3(日・祝)〜5/21(木)

■詳細・放送スケジュールはこちら>