ラファエル・ナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは3日に公式サイトで、誕生日を迎え34歳になったR・ナダル(スペイン)を祝福し、ナダルに関する34個の記録などを掲載した。

>>YouTube テニス365チャンネル<<

【YouTube】緊急事態宣言解除後、初のテニスに挑む

ナダルは今シーズン、3月のアビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)で優勝を飾り、キャリア通算85勝目をあげた。新型コロナウイルスの影響でツアーが中止となっている中、ラファナダルアカデミーで練習を再開したと報告している。

ATPが記載した1−34にまつわるナダルの記録は以下の通り。

1:世界1位保持週、209週
2:全仏オープンでの敗戦数は2。勝利数は93
3:セットを落とさずに四大大会を3度制覇した
4:ナダルが4歳のときに叔父のトニー・ナダルとテニスを始めた
5:年間最終1位に5度輝いた
6:全仏オープンでN・ジョコビッチ(セルビア)に6度勝利した
7:2005年クレーコートシーズンで7度タイトル獲得した
8:ロレックス・モンテカルロ・マスターズで8連覇した
9:リターンゲーム獲得率で9度年間ツアートップになった
10:ツアー公式戦で1000勝を成し遂げた
11:2005年に年間11勝をあげた
12:全仏オープンで12度優勝
13:マスターズ1000大会決勝でジョコビッチと13度対戦した
14:5位以内でシーズンを14度終了した
15:ツアー初タイトルを15歳のときに獲得した
16:2004年の初タイトルから16年経った
17:全仏オープンで17度にわたり6-0でセットを獲得した
18:トップ10選手に18歳で初めてなった
19:グランドスラムで19度優勝した
20:世界ランク1位選手との対戦で20度勝利した
21:ATP500大会で21度タイトルを獲得した
22:初めて22歳で世界ランク1位に輝いた
23:四大大会の100試合目を23歳のときに勝利で飾った
24:R・フェデラー(スイス)に24度勝利した
25:クレーコートのマスターズ1000大会で25度優勝した
26:全仏オープンで26度にわたりトップ10選手を撃破した
27:グランドスラムで27度決勝へ進出した
28:2008年にロンドンでキャリア28勝目をあげた
29:ラファナダルアカデミーを29歳のときに開設した
30:リオデジャネイロのオリンピックで30歳でスペイン旗手を務めた
31:2009年全仏オープンで初黒星となるまで31連勝していた
32:2008年シーズン中に公式戦32連勝を果たした
33:2019年シーズンに史上最年長の33歳で年間世界1位となった
34:キャリアでリターンゲーム獲得率を34パーセントしている