AEGON国際での錦織
画像提供:ゲッティイメージズ

tennis365.netは世界ランク31位の錦織圭が今までツアーで戦った試合を特集。15日は2011年6月のAEGON国際オープン男子(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)準決勝の錦織vsJ・ティプサレビッチ(セルビア)に注目する。

当時世界ランク59位の錦織はこの大会、1回戦でE・キリロフ(ロシア)、2回戦でR・シュトラー(ドイツ)を下しベスト8に進出。準々決勝ではR・シュティエパネック(チェコ)をストレートで破り、大会初の4強へ駒を進めていた。

第1セット、ティプサレビッチの強打に押された錦織は、第3ゲームでブレークを許す。その後もティプサレビッチにストロークとボレーを組み合わされ、試合の主導権を握られると、最後はスマッシュを決められ先行される。

第2セットでも第1ゲームで先にブレークされた錦織は挽回することができず、当時世界ランク30位のティプサレビッチからブレークを奪うことができずに1時間18分で力尽きた。試合結果は2-6, 4-6。

ティプサレビッチは決勝でA・セッピ(イタリア)と対戦したが、6-7 (7-5), 6-3, 3-5の時点で途中棄権し、優勝を逃している。

また、錦織とティプサレビッチは2011年だけで5度対戦。同大会はその4度目の顔合わせとなっていたが、4連敗となった。その後対戦したマレーシア・オープン(マレーシア/クアラルンプール、屋内ハード、ATP250)でもストレートで敗れ、同年5連敗を喫している。