全豪オープンのルブレフ
画像提供:tennis365.net

男子テニスで世界ランク14位のA・ルブレフ(ロシア)は22日にツイッターで、新型コロナウイルスの検査結果が陰性だったと公表した。

【YouTube】強烈サーブに吹き飛ばされる!? 【内山 靖崇】と五番勝負で再戦、リターンなるか!?

>>YouTube テニス365チャンネル<<

ルブレフは「みんなに僕は健康で大丈夫だと伝える。コロナウイルスの検査は陰性だった。早く僕らの生活がいつも通りに戻ることを願っている。一緒なら乗り越えられる」と綴った。

「今世界で起こっていることは僕らみんなの責任。これは国際的な問題で全員に影響が出る。このウイルスの感染拡大を防ぐために助けが必要。僕も14日間の自粛を行うことにする」

現在世界ランク19位のG・ディミトロフ(ブルガリア)と同33位のB・チョリッチ(クロアチア)が新型コロナウイルスの陽性反応が出たと報告している。2人は同1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が主催する「アドリア・ツアー」に参加し、20日にクロアチアのザダルでエキシビションマッチを行っていた。

ルブレフも同日に「アドリア・ツアー」でプレーしており、世界ランク37位のM・チリッチ(クロアチア)に4-3 (7-5), 2-4, 4-1のフルセットで勝利していた。

「アドリア・ツアー」はディミトロフの陽性反応の報告により21日に予定されていた大会2日目の中止を発表。ルブレフはジョコビッチとの対戦が組まれていたが、見送られることとなった。