錦織圭(写真は2017年)
画像提供:ゲッティイメージズ

ATP Tennis TVのインスタグラムは25日、世界ランキング21位から40位の選手の「最大の失敗」ショット動画をカウントダウン形式で紹介し、世界ランク31位の錦織圭も掲載された。

>>【YouTube】キレッキレのスライス 内山 靖崇から3つの極意を学ぶ<<

>>YouTube テニス365チャンネル<<

Tennis TVはこの日「Worst Fail by Players No.21 to 40!」と題し動画を掲載。世界ランク40位のN・キリオス(オーストラリア)から同21位のJ・イズナー(アメリカ)までの20選手の試合中の「最大のミスショット」を紹介した。

今回紹介された動画には世界ランク31位の錦織圭も登場。動画内で錦織はサービスを放ちネットに詰めると2度スマッシュを打ち、相手選手を圧倒する。しかし、3本目のスマッシュを相手のいないオープンコートに打ったところ、目の前にあるネットに引っ掛けてしまい、ネットに手を付きうなだれてしまう内容となっている。

20選手のミスショット集は14万7,000回以上再生されている。

この投稿をInstagramで見る

We’ve had the Top 20, now it’s time for the rest of the Top 40 to show their worst 😂

Tennis TV(@tennistv)がシェアした投稿 -


>>Tennis TVのインスタグラムはこちら<<