マドリッドOPでのズベレフとフェレール
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP公式サイトは8日、世界ランク7位のA・ズベレフ(ドイツ)が元同3位のD・フェレール(スペイン)とコーチ関係を結んだと掲載した。

>>【YouTube】加藤 未唯と爆笑トーク、犠牲にした青春時代とは<<

>>YouTube テニス365チャンネル<<

23歳のズベレフはインスタグラムのストーリー機能(24時間で消える投稿)を更新し「僕のチームにダビド・フェレールが試用期間として参入した。テニスに取り掛かることにおいてこれ以上の興奮はない。ツアーが戻ってくるのが待ち遠しいよ」と綴った。

現在38歳のフェレールは現役通算27のシングルスタイトルを獲得。昨年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/ マドリッド、レッドクレー、ATP1000)2回戦でズベレフに敗れ、引退となった。

ズベレフは昨年のマドリッド・オープンでのフェレール戦後「彼はツアーで最も尊敬できる男であり、ツアーで最も愛されている選手の1人。彼がいなくなるのは寂しい」と語っていた。

男子テニスツアーは8月14日のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)から再開予定。8月31日からは全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)が行われる。

[PR]「全国高3テニスチャレンジトーナメント」
3年間の集大成となる大会実現へ。
新型コロナウイルスの影響で全国大会参加の機会を失った高校3年生をクラウドファンディングで応援し、熱い青春を送るチャンスを届けよう!
■高3テニス 詳細はこちら