昨年の全米OPでのプイユ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク58位のL・プイユ(フランス)は14日にインスタグラムを更新し、右ひじの手術を受けると発表した。

>>YouTube テニス365チャンネル<<

【YouTube】加藤 未唯 後編、好きな男性のタイプ教えてくれました

26歳のプイユは昨年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初のベスト4に進出。しかし、10月のロレックス・上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)2回戦で敗退して以降は同箇所のけがでシーズン終了を決断し、その後はツアーに復帰できずにいた。

インスタグラムでプイユは「新たに診察を受けたところ、右ひじの手術が必要だと判断した。他にもたくさん試したけどね…。今月、パリで手術を受けて、うまくいけばこの辛いページを永久に開かなくて済むようになるだろう。僕はまだシーズン終了前にコートに戻ることができると願っている」と綴った。

男子テニスツアーは現在、新型コロナウイルスの影響で7月31日までの中止が決定。再開は8月14日のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)からとなっている。

この投稿をInstagramで見る

It’s been a while since I’ve been able to do that shot without feeling any pain or discomfort... 😆 That’s why, after going through new medical exams, I’ve decided that my right elbow needed surgery. We tried everything else... I’ll have the surgery this month in Paris and will hopefully turn this painful page for good. I still hope to be able to be back on court before the end of the season. Massive thanks as usual for your support. 🙌🏻👊🏻( 📸 @antoinecouvercelle)

Lucas Pouille(@lucaspouille)がシェアした投稿 -



>>プイユのインスタグラム<<

[PR]「全国高3テニスチャレンジトーナメント」
7月20日までエントリーを受付中!

高校3年生限定の全国大会・詳細はこちら