2007年のフェデラーとナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP公式サイトは19日、2007年と2008年に行われたハンブルグ・マスターズ(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP1000)決勝、R・フェデラー(スイス)vsR・ナダル(スペイン)の2年にわたる激闘を特集した。

>>YouTube テニス365チャンネル<<

>>【YouTube】加藤 未唯と爆笑トーク、犠牲にした青春時代とは<<

2007年の対戦時点で両者は10度顔を合わせており、ナダルの7勝3敗。クレーコートでは5度対戦しておりナダルが5連勝をおさめていた。

決勝戦、リベンジを果たしたいフェデラーは第1セットを2-6で落とすも、第2、ファイナルセットでは圧倒。1時間55分で勝利し、4度目となるハンブルグでのタイトルを獲得した。試合結果は2-6, 6-2, 6-0。

試合後の会見でフェデラーは「ここでまたプレーできて、そしてまた優勝できるなんて最高だよ。この大会が大好きになった」と語った。

そして、2008年の決勝戦で再びフェデラーとナダルが激突。この時点での対戦成績はナダルの9勝6敗となっていた。

この試合、ナダルは2時間52分の熱戦の末に7-5, 6-7 (3-7), 6-3のフルセットで前年のリベンジを果たすと、試合後に「僕にとって重要な勝利だった。常に集中できていた。ロジャー(フェデラー)は第1セットでいくつかミスをしていて、それが助けになった。いずれにしても僕にとってはタフな試合だった」と話した。

その後も両者は10年以上も試合を2020年現在、両者は40度対戦しナダルの24勝16敗となっている。

[PR]「テニスツアー再開!全米OP開幕!優勝で振り返る錦織圭・大坂なおみ、これまでの偉業」
テニスツアー再開と全米オープン開催決定を記念し、錦織圭・大坂なおみが残した数々の優勝シーンをプレーバック!日本が誇る2人のすごさをあらためて見つめ直す特別番組をWOWOWで無料放送。

【放送日】
8/2(日)午後5:00 ※無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>