アンディ・マレー
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、ATP1000)は22日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク129位のA・マレー(イギリス)が同81位のF・ティアフォー(アメリカ)を7-6 (8-6), 3-6, 6-1のフルセットで破り、ツアー再開初戦を白星で飾った。

>>ジョコらW&Sオープン対戦表<<

>>大坂らW&Sオープン対戦表<<

マレーは昨年10月のヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、室内ハード、ATP250)で股関節のけがから復帰後初優勝を飾ったが、年末には臀部の負傷で再びツアーを離れており、今大会で復帰した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはマレーのコメントが掲載されている。

この日2時間28分の熱戦を制した元世界ランク1位のマレーは「うまく動けた。それが最も満足したこと。試合に出ることについて最も心配なことだった」と明かした。

2008・2011年のW&Sオープンを制しているマレーは、2回戦で第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)と顔を合わせる。上位8シードは1回戦免除のため、ズベレフは2回戦からの登場。

次戦に向けてマレーは「彼(ズベレフ)のサービスが強い時は世界でトップのプレーヤーの1人」と警戒した。

同日の1回戦では、第12シードのD・シャポバロフ(カナダ)や第15シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)らが初戦を突破した。

[PR]「全米オープンテニス」
晩夏のニューヨークで行なわれるグランドスラムが開催決定!トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWでは連日独占生中継でお届け。栄冠を手にするのは果たして!

さらに、錦織&大坂の過去試合を無料配信中!

【放送予定】
8月31日(月)〜9月14日(月)WOWOWにて連日独占生中継

■詳細はこちら>