決勝へ進出したラオニッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、ATP1000)は28日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク30位のM・ラオニッチ(カナダ)が第4シードのS・チチパス(ギリシャ)を7-6 (7-5), 6-3のストレートで下し、初の決勝進出を果たした。

>>大坂vsアザレンカ 1ポイント速報<<

>>大坂らW&Sオープン対戦表<<

元世界ランク3位のラオニッチはこの日、12本のサービスエースを放ってファーストサービスが入ったときに90パーセントと高い確率でポイントを獲得。チチパスに1度もブレークを許すことなく1時間37分で勝利した。

男子プロテニス協会ATPの公式サイトではラオニッチのコメントが掲載され「マスターズで優勝できたらすごいことだ。僕が今までで叶えられていないことを達成してみたい」と語った。

「これこそが僕がハードに練習してきた明確な目標だ。明日は変化を生み出してそれに近づくことができると祈っている」

ラオニッチはマスターズ1000初タイトルをかけた決勝で、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは準決勝で、第8シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を逆転で下しての勝ち上がり。

[PR]「全米オープンテニス
晩夏のニューヨークで行なわれるグランドスラムが開催決定!トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWでは連日独占生中継でお届け。栄冠を手にするのは果たして!

さらに、錦織&大坂の過去試合を無料配信中!

【放送予定】
8月31日(月)〜9月14日(月)WOWOWにて連日独占生中継

■詳細はこちら>