初戦敗退となったガウフ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会初日の31日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク51位のC・ガウフ(アメリカ)は第31シードのA・セバストバ(ラトビア)に3-6, 7-5, 4-6のフルセットで敗れ、初戦敗退となった。

>>西岡vsマレー 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみら全米オープン対戦表<<

昨年の同大会で初出場から3回戦に進出した16歳のガウフはこの日、ファーストサービスが入ったときに70パーセントの確率でポイントを獲得。27本のウィナーを決めるも、2時間2分の熱戦の末に力尽きた。

ガウフは試合後に「ファンのみんなは確かに好きだけど、それが影響したとは思わない。いる時と同じように戦ったと思う。ただ今日はもっとうまくできたはず」と振り返った。

「今はただできるだけ多くの大会をプレーして、感覚を戻したい。まだダブルスもあるから、最後までいられたらいいと思っている。そしてヨーロッパへ向かう」

また2021年に延期になった東京オリンピックについては「出場資格を手に入れるのは間違いなく目標。ただ今は目の前の試合に集中したい」と語った。

勝利したセバストバは2回戦で、世界ランク137位のM・コスチュク(ウクライナ)と対戦する。コスチュクは1回戦で同70位のD・カサトキナ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日に行われた1回戦では、第1シードのKr・プリスコバ(チェコ)、第8シードのP・マルティッチ(クロアチア)、第12シードのM・ボンドロウソワ(チェコ)、第14シードのA・コンタベイト(エストニア)、第17シードのA・ケルバー(ドイツ)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]「全米オープンテニス」
晩夏のニューヨークで行なわれるグランドスラムが開催決定!トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWでは連日独占生中継でお届け。栄冠を手にするのは果たして!

【放送予定】
8月31日(月)〜9月14日(月)WOWOWにて連日独占生中継

■詳細はこちら>