初戦突破を果たしたアンディ・マレー
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は1日、男子シングルス1回戦が行われ、元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)が世界ランク49位の西岡良仁を4-6, 4-6, 7-6 (7-5), 7-6 (7-4), 6-4の大逆転で破り、辛くも初戦突破を果たした。会見では「彼(西岡)がポイントを支配していた。彼は素晴らしい選手。とてもトリッキーなテニスで、簡単な相手ではない」と語った。

>>大坂vsジョルジ 1ポイント速報<<

>>大坂ら全米オープン対戦表<<

この日、マレーはセットカウント0−2と崖っぷちに立たされ、第4セットの第12ゲームでは西岡にマッチポイントを握られた。この場面でマレーは強烈なサービス放ちピンチをしのぐとファイナルセットへ突入。最後は元王者の力を発揮し、4時間39分の死闘の末に勝利した。

「序盤はしっかりとボールをとらえていなかった。アグレッシブになり過ぎたり、ショットを決めにいき過ぎたりしてミスをしていた。ずっといいプレーをしていたわけではないけど、よくボールが打てたり、いいサービスが打てるようになっていった。勝てて本当によかったと思える特別な試合だった。こんなに長い5セットマッチはしばらくなかった」

「(第3セットで)少しいいプレーができた。多くのポイントをコントロールしていると感じられたし、どうやれば勝てるかを理解し始めていた。序盤は、それが分からなかった。とてもトリッキーな試合だった。難しいのは分かっていた」

2回戦では、第15シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦する。オジェ アリアシムは1回戦で世界ランク83位のT・モンテイロ(ブラジル)を下しての勝ち上がり。

[PR]「全米オープンテニス」
晩夏のニューヨークで行なわれるグランドスラムが開催決定!トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWでは連日独占生中継でお届け。栄冠を手にするのは果たして!

【放送予定】
8月31日(月)〜9月14日(月)WOWOWにて連日独占生中継

■詳細はこちら>