ベスト16に進出したティーム
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、男子シングルス3回戦が行われ、第2シードのD・ティーム(オーストリア)が第31シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-2, 6-2, 3-6, 6-3で下し、2018年以来2年ぶり5度目のベスト16進出を果たした。

>>大坂vsコンタベイト 1ポイント速報<<

>>ジョコら全米オープン対戦表<<

ティームはこの日、攻撃的なテニスを試合序盤から貫き第1セットを32分で先取。第2セットでも2014年の同大会覇者であるチリッチから2度ブレークし勝利へ王手をかける。

調子を上げたチリッチに第3セットを取り返されるも、第4セットでは深い球で応戦し第6ゲームをブレーク。そのままリードを守り切り勝利した。

勝利したティームは4回戦で、第15シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦する。オジェ アリアシムは3回戦で世界ランク77位のC・ムーテ(フランス)を下しての勝ち上がり。

同日の3回戦では第3シードのD・メドヴェデフ(ロシア)、第6シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第10シードのA・ルブレフ(ロシア)らが4回戦へ駒を進めた。

[PR]「全米オープンテニス」
トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWで連日独占生中継でお届け!

「錦織 圭出場!男子テニスATPツアー キッツビューエル」
錦織 圭が約1年ぶりにツアー復帰するATPツアーをWOWOWで錦織戦を独占放送&配信!

■詳細はこちら>