決勝進出とはならなかったカレノ=ブスタ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は11日、男子シングルス準決勝が行われ、第20シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)は第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)に6-3, 6-2, 3-6, 3-6, 3-6の逆転で敗れ、初の決勝進出とはならなかった。

>>大坂vsアザレンカ 1ポイント速報<<

>>ティームvsズベレフ 1ポイント速報<<

2017年以来3年ぶり2度目の同大会準決勝を戦ったカレノ=ブスタはズべレフの58本のエラーに対し44本に抑えるも、8度のブレークを許す。3時間23分の激闘の末に逆転負けを喫した。

試合後にカレノ=ブスタは「今日の気分は間違いなく最悪だ。3年前は初めての準決勝でプレーできるだけでうれしかった。でも今度はそれだけでは満足ではなかった」と語った。

「ここまで勝ち続けてタイトルと狙えるところまで来ていた。そして2セットアップからの逆転負けは辛い。もちろんこれからも挑戦し続ける。コートでの調子はいいんだ。止まる理由はない」

勝利したズべレフは決勝で、第2シードのD・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームは準決勝で第3シードのD・メドヴェデフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]「全米オープンテニス」
晩夏のニューヨークで行われるグランドスラムが開催決定!トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWでは連日独占生中継でお届け。栄冠を手にするのは果たして!

【放送予定】
〜9月14日(月)WOWOWにて連日独占生中継

■詳細はこちら>