(左から)ダニエル・エヴァンスと錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は27日、男子シングルス1回戦が行われ、第32シードのD・エヴァンス(イギリス)は世界ランク35位の錦織圭に6-1, 1-6, 6-7 (3-7), 6-1, 4-6のフルセットで敗れ、初戦で敗退した。会見では「彼(錦織)のような選手を倒すのはとても難しい」と語った。

>>錦織vsトラヴァグリア 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

この日のファイナルセットでエヴァンスは序盤の3ゲームを錦織に連取されたが、ゲームカウント3−3に追いつく。しかし第9・第10ゲームを連続で取られ、3時間49分の死闘の末に力尽きた。

「僕はいいプレーをしたと思うし、錦織もとてもよかった。今日はレベルの高い戦いだった。彼は戦い続ける。ファイナルセットまでいくと、とてもタフになる。どのショットもポイントも大事で、勝ち取らなければならない。それができなかったのが残念」

一方、勝利した錦織は2回戦で世界ランク74位のS・トラヴァグリア(イタリア)と対戦する。トラヴァグリアは1回戦で同51位のP・アンドゥハル(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

今大会の第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはR・ナダル(スペイン)、第3シードはD・ティーム(オーストリア)、第4シードはD・メドヴェデフ(ロシア)、第5シードはS・チチパス(ギリシャ)、第6シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第7シードはM・ベレッティーニ(イタリア)、第8シードはG・モンフィス(フランス)。

[PR]
大会第2日第1試合(今日夜6時試合開始)に西岡 良仁が登場!
「全仏オープンテニス」
9月27日(日)〜10月11日(日)WOWOWで連日生中継!