今年3月のフェドカップでの柴原と青山
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は1日、女子ダブルス1回戦が行われ、第7シードの青山修子/ 柴原瑛菜組がB・ペラ(アメリカ)/ R・ボラコバ(チェコ)組を6-0, 6-1のストレートで破り、2回戦進出を果たした。

>>日比野vsジャバー 1ポイント速報<<

>>日比野ら全仏OP対戦表<<

>>ナダルら全仏OP対戦表<<

この日、青山/ 柴原組はファーストサービスが入ったときに83パーセントの高い確率でポイントを獲得するなどペラ/ ボラコバ組に1度しかブレークを許さずに試合を展開。リターンゲームでは合計6度のブレークに成功しわずか43分で初戦突破を決めた。

また、同日には加藤未唯/ T・ジダンセク(スロベニア)組も1回戦に登場し、T・アンドリヤンフィフトゥリモ(フランス)/ C・パケ(フランス)組を6-3, 6-3のストレートで破り、2回戦へ駒を進めた。

前日行われたダブルス1回戦では、土居美咲/ M・ニクルスク(ルーマニア)組が1回戦を突破。日比野菜緒/ 二宮真琴組は初戦で敗れ姿を消している。

先月行われた全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため男女のダブルスは通常の半分である32ドローで開催されたが、全仏オープンは例年通りの64ドローで行われている。

[PR]「全仏オープンテニス」
9月27日(日)〜10月11日(日)WOWOWで連日生中継!

■詳細・配信スケジュールはこちら>