16強入りを決めたナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は2日、男子シングルス3回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク74位のS・トラヴァグリア(イタリア)を6-1, 6-4, 6-0のストレートで破り、4年連続15度目のベスト16進出を果たした。

>>ハレプら全仏OP対戦表<<

>>ナダルら全仏OP対戦表<<

この試合、ナダルは序盤から強烈なフォアハンドを武器にウィナーを量産。2回戦で錦織圭をフルセットで下したトラヴァグリアに1度もブレークチャンスを与えることなく第1セットを先取した。第2セットでも攻め手を緩めないナダルは第7ゲームでブレークを奪いセットカウント2−0と王手をかける。

第3セット、第1ゲームで幸先よくブレークに成功したナダルは、その後もトラヴァグリアにブレークチャンスを与えることなく、6ゲームを連取し試合を終わらせた。

全仏オープン4連覇と13度目の優勝を狙うナダルは4回戦で世界ランク213位で20歳のS・コルダ(アメリカ)と対戦する。元世界ランク2位のP・コルダ(チェコ)の長男であるセバスティアン・コルダは、3回戦で同105位のP・マルティネス(スペイン)をストレートで破り、四大大会初の16強へ駒を進めた。

[PR]「全仏オープンテニス」
9月27日(日)〜10月11日(日)WOWOWで連日生中継!

■詳細・配信スケジュールはこちら>