8強へ勝ち進んだシュワルツマン
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は4日、男子シングルス4回戦が行われ、第12シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)が世界ランク46位のL・ソネゴ(イタリア)を6-1, 6-3, 6-4のストレートで破り、2018年以来2年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。

>>ナダルら全仏OP対戦表<<

>>スイトリナら全仏OP対戦表<<

この試合、ストロークが安定していたシュワルツマンはソネゴから48本のアンフォースド・エラーを引き出すなど合計8度のブレークに成功。1時間58分で勝利を手にした。

これまで全試合ストレート勝ちで8強まで進んだシュワルツマンは試合後の会見で「とても幸せだよ。ここまで1セットも落とさずに勝ち上がれるとは思ってなかったからね。今日も本当にタフな試合だったよ。スタートがうまくいかなくて、ダブルフォルトもあった。序盤はとても緊張していたんだと思う」と話した。

27歳のシュワルツマンは準々決勝で第3シードのD・ティーム(オーストリア)と対戦する。シュワルツマンと同い年のティームは、4回戦で世界ランク239位のH・ガストン(フランス)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのR・ナダル(スペイン)が8強へ進出したが、第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)は敗退した。

[PR]「全仏オープンテニス」
9月27日(日)〜10月11日(日)WOWOWで連日生中継!

「錦織 圭出場予定! 男子テニスATPツアー500 サンクトペテルブルク」
10月12日(月)〜10月18日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>