8強入りを決めたコリンズ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は6日、女子シングルス4回戦が行われ、世界ランク57位のD・コリンズ(アメリカ)が第30シードのO・ジャバー(チュニジア)を6-4, 4-6, 6-4のフルセットで破り、初のベスト8進出を果たした。

>>ナダルら全仏OP対戦表<<

>>スイトリナら全仏OP対戦表<<

男子テニスの元世界ランク9位で昨年現役を引退したN・アルマグロ(スペイン)を新コーチとして迎えたコリンズはこの日、ジャバーに1度もブレークチャンスを与えることなく第1セットを先取。しかし、第2セットではジャバーに14本ものウィナーを決められるなど苦戦しセットカウント1−1に追いつかれる。

ファイナルセットでもジャバーに先にブレーク許す厳しい展開となるも、4度のブレーク成功。1時間58分の熱戦を制し、2019年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)以来2度目となる四大大会ベスト8に駒を進めた。

26歳のコリンズは4強入りをかけて、準々決勝で第4シードのS・ケニン(アメリカ)と対戦する。今年の全豪オープンを制したケニンは4回戦で世界ランク49位のF・フェロ(フランス)を逆転で下しての勝ち上がり。

[PR]「全仏オープンテニス」
9月27日(日)〜10月11日(日)WOWOWで連日生中継!

「錦織 圭出場予定! 男子テニスATPツアー500 サンクトペテルブルク」
10月12日(月)〜10月18日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>