決勝進出を果たしたラファエル・ナダル
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が第12シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-3, 6-3, 7-6 (7-0)のストレートで下して4年連続13度目の決勝進出を果たし、R・フェデラー(スイス)に並ぶ四大大会歴代最多の20勝目に王手をかけた。

>>YouTube 東京国際大学テニス部に潜入! 灼熱の炎天下で選手と対決<<

>>ジョコvsチチパス 1ポイント速報<<

ナダルは前哨戦のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)でシュワルツマンにストレート負けを喫していたが、この日は2度のブレークに成功して第1セットを先取する好スタートを切る。

第2セットもナダルは得意のストローク戦でシュワルツマンを圧倒。第3・第9ゲームでブレークし、セットカウント2−0とする。

第3セット、リードするナダルだったが第5・第7ゲームでシュワルツマンにブレークバックを許す。しかし息を吹き返したナダルが再び主導権を握ってタイブレークを制し、BNLイタリア国際での雪辱を果たした。

決勝では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第5シードのS・チチパス(ギリシャ)の勝者と対戦する。

一方、敗れたシュワルツマンは四大大会初の決勝進出とはならなかった。

[PR]「全仏オープンテニス」
9月27日(日)〜10月11日(日)WOWOWで連日生中継!

「男子テニスATPツアー500 サンクトペテルブルク」
10月12日(月)〜10月18日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>