全米オープンの大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子プロテニス協会のWTAは17日に公式サイトで、世界ランク3位の大坂なおみが「2020年9月の最優秀選手」に選ばれたと発表した。

>>錦織らヨーロピアンOP対戦表<<

>>錦織vsアンドゥハル 1ポイント速報<<

WTAは毎月ファンの投票により最も活躍した選手を選び発表。9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会3度目の優勝を飾った大坂が選出された。

大坂は全米オープンの前哨戦であるW&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、 WTAプレミア)でも決勝へ進出するも、ハムストリングを痛めて試合の前に棄権していた。

全米オープンの決勝ではV・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦し、逆転勝利をおさめ2018年以来2年ぶり2度目の優勝を果たした。

WTAの公式サイトには大坂のコメントが掲載しており「世界の選手たちが優勝した瞬間に倒れこんで空を見る姿をずっと見て思い描いていた。あれがどのようなものなのかいつも見てみたかった。叶えることができてよかった」と決勝戦を勝利した後コートに倒れこんだ時のことを語った。

[PR]「男子テニスATPツアー500 サンクトペテルブルク」
10月12日(月)〜10月18日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>