全仏オープンのガウフ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのJ&Tバンク・オストラヴァ・オープン(チェコ/オストラヴァ、ハード、プレミア)は19日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク55位のC・ガウフ(アメリカ)が同65位のK・シニアコバ(チェコ)を7-5, 6-4のストレートで下し、初戦を突破した。

1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でベスト16へ進出した16歳のガウフはこの日、5度のブレークに成功。元ダブルス世界ランク1位のシニアコバを1時間35分で退けた。

女子プロテニスのWTA公式サイトにはガウフのコメントが掲載されており「ベストなゲームではなかったけど、最悪なものでもなかった。試合の中盤はあまりよくなかったし、スタートも最高ではなかったと思う」と振り返った。

「でも踏みとどまることができた。試合前はセンターコートで練習はできていなかったけど、徐々に慣れてきた。観客が少ないから、自分自身を鼓舞し続けなけばならない。次戦も楽しみ」

2回戦では第3シードのA・サバレンカ(ベラルーシ)と対戦する。上位4シードは1回戦免除のため、サバレンカは2回戦からの登場。

同日の1回戦では世界ランク26位のJ・ブレイディ(アメリカ)、同28位のK・ムチョバ(チェコ)、同32位のO・ジャバー(チュニジア)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]「男子テニスATPツアー250 アントワープ」
10月19日(月)〜10月25日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「錦織 圭出場予定!男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)〜11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>