昨年の全米オープンジュニアでの望月
画像提供:tennis365.net

男子テニスのソーホースクエア(エジプト/シャルム・エル・シェイク、ハード、ITF)は22日、シングルス2回戦が行われ、17歳で世界ランク487位の望月慎太郎が第2シードの野口莉央を2-6, 6-2, 6-3のフルセットで破り、ベスト8進出を果たした。

>>YouTube ジョコビッチとの練習秘話【田島 尚輝】にインタビュー前編<<

昨年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)ジュニアシングルスで日本人選手初の優勝を果たした望月。前週行われた同会場での大会では野口莉央とのペアでダブルスを制していた。

この日、望月はファーストサービスが入ったときに67パーセントの確率でポイントを獲得。野口に4度のブレークを許したものの、自身はリターンゲームで6度のブレークに成功し勝利した。

望月は4強入りをかけて、準々決勝で世界ランク535位のV・マナフォフ(ウクライナ)と対戦する。

また、望月と野口は今大会もペアを組み第4シードとしてダブルスに出場。準々決勝でM・ウーケス(オランダ)/ T・クリヤノフ(ロシア)組を6-3, 6-2のストレートで破り、ベスト4へ駒を進めている。

[PR]「男子テニスATPツアー250 アントワープ」
10月19日(月)〜10月25日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「錦織 圭出場予定!男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)〜11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>