ビクトリア・アザレンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのJ&Tバンク・オストラヴァ・オープン(チェコ/オストラヴァ、ハード、プレミア)は23日、シングルス準々決勝が行われ、第4シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)が第7シードのE・メルテンス(ベルギー)を6-4, 6-1のストレートで下し、ベスト4進出を果たした。

>>YouTube ジョコビッチとの練習秘話【田島 尚輝】にインタビュー前編<<

9月のW&Sオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、WTAプレミア)で優勝、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で準優勝を飾ったアザレンカはファーストサービスが入ったときに73パーセントの確率でポイントを獲得。4度のブレークに成功し、1時間30分で勝利した。

女子プロテニスのWTAは公式サイトでアザレンカのコメントを掲載しており「コーチを変更してから、自分の高いレベルのテニスに満足している。ウィナーがほとんどでミスによるポイントがなかった」と振り返った。

準決勝では世界ランク23位のM・サッカリ(ギリシャ)と顔を合わせる。サッカリは準々決勝で同32位のO・ジャバー(チュニジア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日の準々決勝で第3シードのA・サバレンカ(ベラルーシ)、世界ランク26位のJ・ブレイディ(アメリカ)が4強入りした。

[PR]「男子テニスATPツアー250 アントワープ」
10月19日(月)〜10月25日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「錦織 圭出場予定!男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)〜11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>