世界ランク3位のティーム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP公式サイトは25日、エルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)に第2シードとして出場する世界ランク3位のD・ティーム(オーストリア)のコメントを掲載した。

>>錦織らエルステ・バンクOP対戦表<<

>>錦織vsティーム 1ポイント速報<<

27歳のティームは昨年の同大会でJW・ツォンガ(フランス)やF・ベルダスコ(スペイン)、M・ベレッティーニ(イタリア)、D・シュワルツマン(アルゼンチン)らを破り優勝。王者として出場する今年は、1回戦で世界ランク37位の錦織圭と対戦することが決まった。

ティームはエルステ・バンク・オープンについて「大会でディフェンディングチャンピオンとしてスタートするのはいつも特別なことだけど、今年はドロー全体が非現実的なんだよね」とコメント。

今年はティームの他にN・ジョコビッチ(セルビア)やS・チチパス(ギリシャ)、D・メドヴェデフ(ロシア)、A・ルブレフ(ロシア)、シュワルツマンなどトップ10から6名が「ATP500」カテゴリーの同大会に参加する。

「もともと強かったエントリーリストだったのにノヴァーク(ジョコビッチ)が来てさらに非現実的になったよ。今までで最高のATP500大会になるかもしれない。でも、タイトル防衛は不可能ではないよ」

ティームは今年、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝でA・ズベレフ(ドイツ)を破り悲願の四大大会初制覇を達成。全仏オープン(フランス/レッドクレー、グランドスラム)では準々決勝で敗れたものの、R・ナダル(スペイン)、R・フェデラー(スイス)、ジョコビッチに次ぐ世代の代表として地位を高めているが、地元であるウィーンでのトロフィーはさらに特別なことだと強調した。

「全米オープンが終わった今でも、ここ(ウィーン)でのタイトルは自分のキャリアの中で最大のタイトルなんだ。なぜなら、僕はテニスを理解していなかったのに4、5歳のころから毎年ここに来ていたんだ。そんな大会に予選から出たり、ワイルドカードで出たり、シードで出たりした。そして2019年には子どものころの夢が実現しタイトルを獲得できたんだ」

「また調子が戻ってきてるよ。全米と全仏の間はすごく短かったけど、今はうまく対応できている。あのときは全力を出し切っていたから、全仏のあとは1週間休んだんだ」

「本当に驚異的な18カ月だったけど、自分にとってももちろんタフな期間だった。全てが簡単なことではなかった。でも大きな目標が形になったことはとてもうれしいし、そのことで少し楽になったところもある。今はリラックスできているんだ。これから始まることにもわくわくしているし、興奮しているよ」

ティームと錦織は6度目の顔合わせでティームの2勝3敗。直近では2018年の男子テニス最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)ラウンドロビンで、そのときはティームがストレート勝ちをおさめた。

[PR]「錦織 圭出場予定!男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)〜11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)〜11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>