サンクトペテルブルクOPでのチョリッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は2日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク24位のB・チョリッチ(クロアチア)が同52位のM・フチョビッチ(ハンガリー)を7-6 (7-5), 6-1のストレートで破り、初戦突破を果たした。

>>テニスのMUSIC VIDEO『銀河特急』【Full ver.】<<

>>西岡vsアンドゥハル 1ポイント速報<<

この日、チョリッチは5本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに73パーセントの確率でポイントを獲得。フチョビッチに1度ブレークを許したものの、自身はリターンゲームで3度のブレークに成功し、1時間46分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはチョリッチのコメントが掲載されている。

「簡単な試合ではなかったし、毎ゲームとてもタフな試合だったよ。フィジカルが必要な試合だった。タイブレークではあまり論理的ではないショットを打っていたんだけど、それが功を奏した。第2セットではかなり良いプレーができるようになって、最後は高いレベルのプレーができたね」

23歳のチョリッチは2回戦で世界ランク61位のJ・トンプソン(オーストラリア)と対戦する。トンプソンは1回戦で同78位のF・デルボニス(アルゼンチン)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第9シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、第16シードのA・デ ミノー(オーストラリア)らが2回戦へ駒を進めた一方、第11シードのK・ハチャノフ(ロシア)、第14シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)は姿を消した。

[PR]「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)〜11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>