(左から)錦織とダニエル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの11月2日付ATP世界ランキングが発表され、錦織圭は前回から3つ下げて40位へ後退、ダニエル太郎は8つ上げて114位に浮上した。

>>テニスのMUSIC VIDEO『銀河特急』【Full ver.】<<

>>西岡vsアンドゥハル 1ポイント速報<<

錦織は前週のエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)に出場予定だったが、右肩の負傷で1回戦を前に棄権。その後、同箇所の負傷のため今シーズンの終了を発表した。

その他の日本勢では、テニス・チャレンジャー・ハンブルグ(ドイツ/ハンブルグ、ハード、ATPチャレンジャー)で優勝を飾ったダニエルが8つ上げて114位に浮上している。

現在開催中のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)には西岡良仁が出場し、1回戦で世界ランク57位のP・アンドゥハル(スペイン)と顔を合わせる。

11月2日付の日本勢の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■40位[ ↓3 ]…錦織圭
1,345ポイント(1,345ポイント)

■51位[ - ]…西岡良仁
1,052ポイント(1,017ポイント)

■99位[ ↑2 ]…杉田祐一
713ポイント(689ポイント)

■101位[ ↓2 ]…内山靖崇
696ポイント(696ポイント)

■114位[ ↑8 ]…ダニエル太郎
581ポイント(516ポイント)

■128位[ - ]…添田豪
490ポイント(490ポイント)

■183位[ ↓1 ]…伊藤竜馬
342ポイント(342ポイント)

■244位[ ↓1 ]…綿貫陽介
219ポイント(219ポイント)

■246位[ ↓1 ]…守屋宏紀
219ポイント(219ポイント)

■285位[ ↓2 ]…関口周一
174ポイント(174ポイント)

■316位[ ↓1 ]…今井慎太郎
136ポイント(136ポイント)

■323位[ ↓1 ]…内田海智
132ポイント(132ポイント)

■328位[ ↓1 ]…清水悠太
129ポイント(129ポイント)

[PR]「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)〜11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>