スタン・ワウリンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は3日、シングルス1回戦が行われ、第12シードのS・ワウリンカ(スイス)が世界ランク31位のD・エヴァンス(イギリス)を6-3, 7-6 (7-3)のストレートで下し、2年連続10度目の初戦を突破した。

>>西岡vsマナリノ 1ポイント速報<<

>>テニスのMUSIC VIDEO『銀河特急』【Full ver.】<<

35歳のワウリンカはこの試合、8本のサービスエースを放つなどしファーストサービスが入ったときに83パーセントの高い確率でポイントを獲得。エヴァンスに1度もブレークを許さず、1時間33分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式インスタグラムでワウリンカのコメントを掲載しており「僕のキャリアの終りが近い。でももう一押しできると信じている。もう一度トップへ行くために自分の限界へ挑戦する」と綴った。

2回戦では世界ランク55位のT・ポール(アメリカ)と対戦する。ポールは1回戦で同59位のG・シモン(フランス)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日の1回戦では第10シードのM・ラオニッチ(カナダ)、世界ランク51位の西岡良仁、同56位のR・ガスケ(フランス)、同86位のK・アンダーソン(南アフリカ)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)〜11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>