1,000勝目を達成したナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は4日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク64位のF・ロペス(スペイン)を4-6, 7-6 (7-5), 6-4の逆転で破り初戦突破を果たすとともに、シングルス通算1000勝目をあげた。

>>テニスのMUSIC VIDEO『銀河特急』【Full ver.】<<

上位8シードは1回戦免除のためこの試合が初戦となったナダルは、同胞のロペスに22本ものサービスエースを決められるなど苦戦するも、2時間30分で熱戦を制した。

また、この日の勝利は34歳のナダルにとってシングルス通算1000勝目(1,000勝201敗)となり、J・コナーズ(アメリカ)(1,274勝283敗)、R・フェデラー(スイス)(1,242勝271敗)、I・レンドル(アメリカ)(1,068勝242敗)に続く史上4人目の快挙となった。

ロレックス・パリ・マスターズ初制覇を狙うナダルは、ベスト8進出をかけて、3回戦で世界ランク61位のJ・トンプソン(オーストラリア)と対戦する。トンプソンは2回戦で同24位で第15シードのB・チョリッチ(クロアチア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのD・メドヴェデフ(ロシア)、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのA・ルブレフ(ロシア)、第6シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第10シードのM・ラオニッチ(カナダ)らが3回戦へ駒を進めている。

[PR]「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)〜11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>