ベスト8進出を果たしたシュワルツマン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は5日、シングルス3回戦が行われ、第6シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)が世界ランク63位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を6-1, 6-1のストレートで下し、初のベスト8進出を果たした。

>>テニスのMUSIC VIDEO『銀河特急』【Full ver.】<<

10月に自身初のトップ10入りを果たし自己最高の8位を記録したシュワルツマンはこの試合、5度のブレークに成功。ダビドビッチ フォキナには1度もブレークを許さず、わずか1時間で勝利した。

シュワルツマンは今大会の準決勝に進出すると、15日から開幕する最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)の初出場権を自力で獲得。今大会で8強入りしたことにより、第10シードのM・ラオニッチ(カナダ)は最終戦へ出場の夢を断たれた。

準々決勝では第3シードのD・メドヴェデフ(ロシア)と第16シードのA・デ ミノー(オーストラリア)の勝者と対戦する。

同日の3回戦では第1シードのR・ナダル(スペイン)、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのA・ルブレフ(ロシア)、第12シードのS・ワウリンカ(スイス)らが登場する。

[PR]「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)〜11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>