(奥から)ホルカシュとオジェアリアシム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は7日、ダブルス準決勝が行われ、F・オジェ アリアシム(カナダ)/ H・ホルカシュ(ポーランド)組が第4シードのL・クボット(ポーランド)/ M・メロ(ブラジル)組を6-2, 1-6, [10-5]のフルセットで破り、決勝進出を果たした。

>>テニスのMUSIC VIDEO『銀河特急』【Full ver.】<<

この試合、オジェ アリアシム/ ホルカシュ組はファーストサービスが入った時に92パーセントの高い確率でポイントを獲得。クボット/ メロ組を圧倒し第1セットを先取する。第2セットを落として迎えた10ポイント先取のタイブレークでは3度のミニブレークに成功。1時間6分で決勝進出を決めた。

20歳のオジェ アリアシムと23歳のホルカシュがペアを組むのは今年2月のABNアムロ世界テニス・トーナメント (オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)以来2度目。そのときは2回戦でR・クラーセン(南アフリカ)/ O・マラチ(オーストリア)組に逆転負けを喫し姿を消していた。

ツアー初のダブルスタイトルがかかるオジェ アリアシム/ ホルカシュ組は決勝で第2シードのM・パビッチ(クロアチア)/ B・ソアレス(ブラジル)組と対戦する。パビッチ/ ソアレス組は準決勝で第8シードのJ・メルツァー(オーストリア)/ E・ロジェ=ヴァセラン(フランス)組をストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)〜11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>