ベット1ハルクスでのアルボット
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)は10日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク93位のR・アルボット(モルドバ)が第1シードのD・シャポバロフ(カナダ)を6-2, 6-4のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

>>テニスのMUSIC VIDEO『銀河特急』【Full ver.】<<

1回戦で世界ランク100位の杉田祐一を下していたアルボットはこの日、ファーストサービスが入ったときに86パーセントの高い確率でポイントを獲得。初対戦のシャポバロフに1度もブレークを与えないテニスを披露すると、リターンゲームでは3度のブレークに成功。1時間14分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには30歳のアルボットのコメントが掲載されている。

「試合中はずっと集中していて、彼(シャポバロフ)が何をしているかは気にせずに自分のゲームのことだけを考えていたんだ。勝てて本当に良かったよ。全てが自分の思い通りになる日がたまにあるんだ。今日はそんな日だったね」

「今年の始めはそんなに良くなかったし、ツアー再開後もあまり良くなかった。試合のやり方を思い出すのに時間がかかったんだ。どうやってプレーするのか、自分の強みはなんなのか。これをレベルの高いところで思い出すのは簡単じゃなかったんだ」

アルボットは今季ツアー初のベスト4進出をかけて、準々決勝で第5シードのA・マナリノ(フランス)と世界ランク81位E・ゲラシモフ(ベラルーシ)のどちらかと対戦する。

同日には第4シードのJ・シュトルフ(ドイツ)も世界ランク74位のV・ポスピシル(カナダ)にストレートで敗れ2回戦で姿を消した。

ソフィア・オープンの第2シードはF・オジェ アリアシム(カナダ)、第3シードはA・デ ミノー(オーストラリア)。

[PR]「男子テニスATPツアー250 ソフィア」
11月12日(木)〜11月14日(土)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」
11/15(日)〜11/22(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>