ヤニック・シナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)は10日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク44位のJ・シナー(イタリア)が同55位のM・フチョビッチ(ハンガリー)を6-2, 6-4のストレートで破り、初の初戦突破を果たした。

>>テニスのMUSIC VIDEO『銀河特急』【Full ver.】<<

19歳のシナーはこの日、18度のブレークチャンスを握るなどストローク戦でフチョビッチを圧倒。試合を通して5度のブレークに成功し、1時間36分で2回戦へ駒を進めた。

今季、シナーは全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会初のベスト8に進出。その後のベット1ハルクスチャンピオンシップス(ドイツ/ケルン、室内ハード、ATP250)では4強入りを果たすなど、10月には自己最高の世界ランク43位にまで浮上した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはシナーのコメントが掲載されている。

「誰にとっても1回戦は簡単なものじゃない。僕は堅実にプレーしようとしたよ。試合の序盤はお互いにかなり良いプレーをしていて、良い動きをしていたんだけど、第2セットでは僕がリードを奪った試合を決めたのは各セットの2、3ポイントだけだった」

ベスト8進出をかけて、2回戦ではラッキールーザーで出場している世界ランク149位のM・A・ヒュースラー(スイス)と対戦する。24歳のヒュースラーは1回戦で第7シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

シナーは2回戦について「彼が左利きでサーブも良く、ネットに出ていく選手なのは知っている。特に、知らない相手と対戦しなければならない時は簡単な試合はない。最初のポイントから集中してプレーするようにして、あとは様子を見たいと思う」と話した。

同日には世界ランク49位のR・ガスケ(フランス)と同62位のG・シモン(フランス)が2回戦へ駒を進めている。

[PR]「男子テニスATPツアー250 ソフィア」
11月12日(木)〜11月14日(土)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」
11/15(日)〜11/22(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>