パリマスターズでのオジェアリアシム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)は11日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)は世界ランク82位のS・カルーソ(イタリア)に4-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦突破を果たすことはできなかった。

>>テニスのMUSIC VIDEO『銀河特急』【Full ver.】<<

上位4シードは1回戦免除のためこの試合が初戦となったオジェ アリアシムだったが、この試合では5本のダブルフォルトを犯すなどミスを連発。カルーソに2度のブレークを許すと、リターンゲームでは1度もブレークを奪うことができずに、1時間40分で力尽きた。

20歳のオジェ アリアシムは前週のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)でH・ホルカシュ(ポーランド)とペアを組みキャリア初優勝となるダブルスのタイトルを獲得していた。

ベスト8進出を決めたカルーソは、準々決勝で世界ランク49位のR・ガスケ(フランス)と対戦する。ガスケは2回戦で19歳で同399位のJ・フォレイテク(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのA・デ ミノー(オーストラリア)や第5シードのA・マナリノ(フランス)、第6シードのJ・ミルマン(オーストラリア)、世界ランク44位のJ・シナー(イタリア)らが8強へ駒を進めた。

[PR]「男子テニスATPツアー250 ソフィア」
11月12日(木)〜11月14日(土)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」
11/15(日)〜11/22(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>